高血圧って何?

近代は高血圧が普通な病気になりました。高血圧は「本態性(ほんたいせい)高血圧」と「二次性高血圧」の2つに分類されます。

二次性高血圧には、腎血管性高血圧、腎実質性高血圧、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、クッシング症候群、大動脈炎症候群、大動脈縮窄症などによるものがあります。本態性高血圧は、生活習慣の乱れや遺伝素因、加齢などが相互に関連し合って発症すると考えられています。

高血圧には、大きく分けて2つあります。本態性高血圧と二次性高血圧といわれるタイプです。90%程度が原因不明の本態性高血圧で、残りの約10%が何らかの原因で高血圧になっている二次性高血圧です。また、肥満は高血圧の大きな原因があります。国の経済力の発展とともに、国民の生活も豊かになりました。肥満の人は味の濃いものを好む傾向があるため、塩分の過剰摂取で高血圧になってしまいやすいです。

一般に、高血圧自体が何らかの症状を引き起こすことはないと考えられていますが、軽度の頭痛、頭重感や倦怠感などを訴えることがよくあります。これらの症状と血圧の因果関係は明らかではありません。ただし、放置すると致命的になる状態の高血圧(高血圧緊急症)では、激しい頭痛、意識障害、けいれん発作、呼吸困難など重い症状を示します。このような状態では通常に最低血圧120mmHgを超えています。

二次性高血圧では、原因により特徴的な症状を示すものもあります。本態性高血圧と二次性高血圧とでは、治療法が大きく異なります。

前者では、重症度に応じて、生活習慣を改善して経過観察するものから、降圧薬を中心とした薬物療法に生活習慣の改善を加えたものになります。後者では、高血圧の原因を除去することが主体になります。