ミノキシジルタブレットの副作用を注意!

ミノキシジルタブレットとは
ミノキシジルタブレットとは、高い発毛効果、特に男性脱毛症(AGA)によく用いられている育毛剤です。ミノキシジルタブレットはもともと、高血圧の処方薬として使われていましたが、患者さんが飲んでいくうちに、体毛が濃くなるという症状が発見されてきました。この現象を利用して発毛剤に使うことはできないかと考えたのが研究の始まります。今までミノキシジルタブレットを主成分としての育毛剤製品は最初のロゲインという外用薬の他には、経口服用で育毛効果に達する内服薬もありますが、自分に一番適切な育毛剤製品を選ぶことが重要です。

ミノキシジルタブレットの効果
ミノキシジルタブレットの効果というと、ミノキシジルタブレットはAGAの原因物質である男性ホルモンDHTの産生を抑えることができるプロペシア、ザガーロなどの育毛剤と違って、血管を拡張することで頭皮の血流を良くさせるによって毛細血管から毛乳頭に栄養を与え、発毛効果を実現します。

ミノキシジルタブレットの副作用
ミノキシジルタブレットは強い発毛効果を持っていますけど、副作用も注意しなければなりません。一番目立つ副作用は多毛症です。ミノキシジルタブレットの服用は髪の毛だけではなく、他の部分の毛も濃くなってしまうことができます。また、以前は高血圧の薬として使われていましたが、副作用として低血圧を起こすことができ、極端に血圧が低い人は注意してください。ほかにも、めまい、痒み、嘔吐、性欲減退などの副作用もあります。